採用情報RECRUIT

トヨタモビリティパーツ株式会社とは?

当支社は、全国のトヨタモビリティパーツ 33支社のネットワークの1つとして、トヨタ自動車と新潟県内のトヨタ販売店の共同出資により、1986年に設立されました。トヨタ車約39万台を保有する新潟県内をテリトリーとし、トヨタ純正部品をはじめ、100万点を超える自動車部品・自動車用品を供給・販売しています。お客様が安心で快適なカーライフを楽しんでいただけるよう、必要な部品・用品をジャストインタイムでお届けしています。

仕事と人

トヨタモビリティパーツの仕事を実際にそこで働く先輩社員の声とともにお伝えします。

営業スタッフ

新発田営業所 営業グループ

2001年入社

「聞き上手」になってお客様のご要望に応える

新発田営業所の営業担当として、整備工場、部品商、ガソリンスタンドなどのお客様を担当しています。トヨタ純正部品・用品のほか、タイヤ、バッテリー、エンジンオイルなど、さまざまな自動車関連商品の販売拡大に努めています。

いわゆる“ルートセールス”ですが、その役割は商品の受注や配達業務だけではありません。日々のコミュニケーションの中からお客様のご要望を正確に把握し、価値あるご提案や情報提供を継続的に行うことで、お客様との信頼関係を築いています。「話し上手」よりも「聞き上手」になることが信頼への近道です。

社内においてもコミュニケーションは重要です。同僚の営業スタッフや店頭・商品管理スタッフとの連携を密にし、チーム一丸となってお客様の要望や期待に応え、よりご満足いただけるサービスの提供を目指しています。

全力でお客様に向き合うことが、自らの成長に繋がる

もともと車に興味があり、それが入社の決め手となりました。車が好きだからきっと営業もうまくやれると思っていましたが、現実はそんなに甘くありませんでした。実際、仕事として車に携わるとわからないことばかり。お客様の方が詳しいことが多く、商談中に頭の中が真っ白になることも。そのような時、当時の先輩から言われた「わからないで済ませず、その場は素直にメモを取る。そして、会社に持ち帰り最後までしっかり対応すること」という言葉が、今でも仕事の中で活きています。

私たちのお客様の多くは長年にわたり車に携わってきた“この道のプロ”。お客様から学ぶことの方が多いのです。そう、ここでも「聞き上手」が大切になります。お客様の経験やノウハウを「聞く」ことが自分の成長に繋がっています。

最後に、営業の醍醐味は、何と言っても売上目標を成し遂げたときの達成感です。そして、仕事の活力になるのはお客様からの感謝の言葉です。「責任とやりがい」この2つを大切にこれからも頑張っていきます!

1日のスケジュール

  1. 9:00朝礼
  2. 9:15メールの確認
    ミーティング
  3. 9:30販売計画作成
  4. 10:00営業活動
  5. 12:00昼食・休憩
  6. 13:00事務作業
  7. 14:00営業活動
  8. 16:30帰社
    事務作業
  9. 17:00ミーティング
    翌日の業務確認
  10. 17:30退社

店頭スタッフ

新潟南営業所 業務グループ

2000年入社

お客様が必要とする部品を責任持って特定し手配する

新潟南営業所の店頭スタッフとして、トヨタ純正部品・用品等の受発注業務を行っています。対応するお客様は、整備工場、部品商、ガソリンスタンドなど、主に車のプロの方々です。そのほか、一般のお客様からのお問い合わせやご注文にも対応しています。

部品・用品の受発注業務と聞くと、商品を右から左へと流すだけというイメージがありますが、実はそう単純ではありません。業務では、お客様との会話から車の型式や年式、必要な部品の種類・数量等を正確に導き出し、間違いのない部品の翻訳が求められます。

万が一、間違いがあれば、対応するプロのお客様はもちろんのこと実際に車を利用される一般のお客様にまでご迷惑を掛けてしまいますので、「多分この部品だろう」という決め付けはせず、最後まで確実に部品を特定することが手配の基本になります。

経験からくるスキルを継承し、支社全体の提案力を上げる

約100万点の中から必要な部品を翻訳するのは、常に難しさを伴います。メーカーによって呼び方が違う部品もあれば、カタログにも載っていない細かな部品もあります。その中から1つの部品を正確に特定するためには、車や部品に関する「知識」はもちろんのこと、経験からくる「スキル」も身につけなければなりません。このスキルが身につけば、「この部品を交換すると別の部品が必要になるな・・・」といった提案ができるようになります。

今では、後輩を指導する立場なので、スキルを磨くだけでなく、スキルを伝えることにも力を入れています。経験からくる「スキル」を身につけた人材を増やすことで、トヨタモビリティパーツ全体の提案力を高めていきたいと考えています。

もともと車好きな私にとって、車の知識を増やすことは楽しみでもあります。わからないことがあればこれからも積極的に楽しみながら学んでいきます。

1日のスケジュール

  1. 9:00朝礼
  2. 9:15メールの確認
  3. 9:30電話応対
    接客
    品番翻訳
  4. 12:00昼食・休憩
  5. 13:00電話応対
    接客
    品番翻訳
  6. 16:00事務作業
  7. 17:00翌日業務の準備
  8. 17:30退社

商品管理スタッフ

物流部 商品管理グループ

2016年入社

物流拠点として、トヨタ純正部品・用品の供給を支える

商品管理スタッフとして、トヨタ純正部品・用品の入出庫作業、仕分け、在庫管理などを行っています。私が勤務する支社は、新潟県内におけるトヨタ純正部品・用品の物流拠点となっており、県内7つの営業所を経由して、販売店や部品商、整備工場などのお客様に商品が届けられます。

お客様にお届けする商品を間違ったり、壊したりしないよう、倉庫内では商品管理について、さまざまなルールが定められています。問題点が見つかればすぐに改善を図り、グループ全体で働きやすい環境作りに取り組んでいます。

この仕事をするうえで、重いものを持つ腕力は必ずしも必要ありません。一方で、広い倉庫内を歩きまわるため、運動不足になる心配はまずないですね。

創意工夫で、仕事をより効率的なものにする面白さ

出庫作業では、倉庫内にある約3万点の中からピッキングし、決められた配送ダイヤで営業所やお客様へ配送します。商品の種類や数を間違えたり、トラックの出発時刻に間に合わなかったりすれば、お客様にご迷惑を掛けてしまうため、常に精度とスピードが求められます。

決して簡単な仕事ではありませんが、より効率的な仕事のやり方を自分なりに考え創意工夫していけるところは、この仕事の面白さだと思います。私自身、入社当初はミスをすることもありましたが、先輩方のアドバイスのもと仕事のやり方を一つずつ見直すことで、今では先輩たちと同じ精度とスピードで作業ができるようになりました。

出発時刻までに出荷作業を無事に終え、商品を積んだトラックを見送るたびに達成感があります。また、お届けした商品が、県内のどこかでトヨタ車にお乗りの皆様のお役に立てていると思うと、とても嬉しく感じます。

1日のスケジュール

  1. 8:30朝礼
  2. 8:35出庫・入庫作業
    リフト作業
  3. 12:00昼食・休憩
  4. 13:00出庫・入庫作業
    リフト作業
  5. 16:00仕分作業
    在庫管理等
  6. 17:00退社

事務スタッフ

総務部 経理グループ

2006年入社

金額がピッタリと合ったときの達成感が仕事の醍醐味

総務部経理グループに所属し、各営業所で計上された買掛金の確認や、仕入先への支払データの作成を担当しています。また、お客様から回収した手形の処理や入出金の確認、計上なども行っています。

経理データは基幹システムを使って管理されていますが、システムへの登録漏れや誤入力も発生するため、最後は人の手による確認が必要です。データや書類に不備が見つかった場合は、各営業所の経理担当者などと連携して原因を探り、データの修正を行います。

また、経理グループでは月に1回、台帳と総勘定元帳の金額確認を行います。金額が合わなければグループで協力して対応にあたります。最終的に全ての金額がピッタリと合ったときに感じる安堵感と達成感は、この仕事の一番の醍醐味です。

「教育」と「カイゼン」で、更なる業務の効率化を実現したい

当支社の特長の1つは、社員同士のコミュニケーションが活発で、先輩から後輩への教育体制が整っていることです。私自身、先輩方の指導のもと少しずつ業務を引き継ぎ、実務を通してしっかりとスキルを身につけることができました。今では後輩を指導する立場なので、先輩から教えていただいたことや、これまでの実務経験を活かし、後輩たちをしっかりサポートしていきたいですね。

また、支社にはトヨタ生産方式の特長として知られる「カイゼン」の文化があります。改善の重要性を社員全員が共有することで、入社間もない社員からでも改善提案がしやすい体制が整っています。正確さと速さの両立が求められる経理の仕事においても、効率化のための改善は必要不可欠なので、私からも積極的な改善提案を行っていきたいと考えています。

支社の魅力は、トヨタ関連企業としての安定した経営基盤と、誰もがチャレンジしやすい環境との両方が整っていることです。ぜひ、トヨタモビリティパーツ新潟支社で私たちと一緒に成長しましょう!

1日のスケジュール

  1. 9:00朝礼
  2. 9:10メールやスケジュールの確認
  3. 9:20納品書のまとめ・整理
  4. 12:00昼食・休憩
  5. 13:00計上の確認
  6. 16:00入出金の確認・計上
  7. 17:30退社

新卒採用情報(募集要項)

募集職種・分野 総合職(営業・店頭・商品管理・事務)
※入社後、3カ月間は試用期間となります。
募集対象 大学生、短大生、専門学校生
2023年3月卒業見込みの方
募集学部・学科 全学部・全学科
募集人数 若干名
基本給 総合職(営業・店頭・商品管理・事務)
大卒:190,000円
短大・専門卒:178,000円
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(7月・12月)
諸手当 通勤手当、販売手当、家族手当、役付手当
休日休暇 年間休日114日:2022年度(月6~8回のローテーションによる休日、祝祭日、年末年始、夏季休暇)・年次有給休暇・半日有給休暇・特別休暇・育児休暇・介護休暇
待遇・福利厚生・社内制度 各種社会保険制度、厚生年金基金、財形貯蓄、退職金制度、成人病検診、健康診断、クラブ活動、育児・介護休業制度、産休・育児休暇取得実績あり
勤務地 新潟支社および新潟県内の営業所
新潟南(新潟市南区)・新潟東(新潟市東区)・長岡・上越・六日町・佐渡・新発田・柏崎
勤務時間

9:00~17:30(うち休憩60分)
※新潟支社 商品管理および佐渡営業所を除く

新潟支社 商品管理スタッフ
7:00~15:30(うち休憩60分)、8:30~17:00(うち休憩60分)のローテーション

佐渡営業所
8:30~17:00(うち休憩60分)

研修制度 新入社員研修・自動車構造研修・通信教育・E-ラーニングなど
採用実績(学校)

<大学>
新潟大学、新潟経営大学、新潟国際情報大学、新潟医療福祉大学、長岡大学、敬和学園大学、釧路公立大学、駒澤大学、専修大学、東洋大学、東海大学、帝京大学、城西大学、明星大学、上武大学

<短大・高専・専門学校>
新潟青陵大学短期大学部 、 新潟工業短期大学 、 新潟ビジネス専門学校

採用実績(人数) 2022年:大学4名・短大卒1名
2021年:大卒2名・短大卒0名
2020年:大卒2名・短大卒0名
2019年:大卒2名・短大卒0名
2018年:大卒3名・短大卒0名
2017年:大卒0名・短大卒0名
2016年:大卒3名・短大卒0名
採用実績(男女別) 2022年:男性2名・女性3名
2021年:男性2名
2020年:男性1名・女性1名
2019年:男性1名・女性1名
2018年:男性2名・女性1名
2017年:男性0名・女性0名
2016年:男性2名・女性1名
選考方法 適性検査・面接
提出書類 エントリーシートまたは履歴書(写真貼付)、卒業見込証明書

採用の流れ

  1. 1
    マイナビよりエントリー
  2. <2023年3月卒エントリー受付中>
    マイナビ2023
  3. 2
    会社説明会参加
    WEBにて実施致します。日時など、ご希望と合わない場合は採用担当までご相談ください。可能な限り調整させていただきます。
  4. 3
    応募書類提出
    エントリーシートまたは履歴書(写真貼付)、卒業見込証明書を提出してください。
  5. 4
    一次選考会(適性検査・面接)
  6. 5
    二次選考会(面接)
  7. 6.内定

ご不明な点などございましたら、弊社採用担当までお気軽にお問い合わせください

採用に関するお問い合わせ

ご不明な点などございましたら、新潟支社 採用担当までお気軽にお問い合わせください

TEL:025-362-1192
担当:総務部 小熊
受付時間:9:00~17:30

  1. ホーム >
  2. 採用情報